本文へスキップ

TEL. 0548-33-2903

FAX. 0548-33-2903

〒421-0302 静岡県榛原郡吉田町川尻2742-1


吉 田 町 浜 田 土 地 区 画 整 理 組 合
yosidatyou hamada totikukaku seiri kumiai

H26年4月更新
吉田町浜田土地区画整理組合では、大型店舗を誘致して物流の拠点にしたく、
幹線道路沿いの用途に近隣商業地域を目指しておりましす。
幹線道路の合流点に位置して、大規模な土地を提供できます。

       下記の文字をクリックするとリンクします。

      津波避難タワー地域内に三基竣工
      保留地NO11 7,689u
      航空写真
      榛南幹線開通
      平成26年3月23日総会 理事長挨拶
      25年度会計予算
      工事についてのお知らせ

吉田町津波避難タワーの整備について
 吉田町では、東日本大震災以降「1,000年に一度の大津波」を想定した津波対策として、浸水が予想される地域内の町民約17,000人が、5分以内に最寄りの避難施設に
避難できる割合を100%とするための「吉田町津波避難計画」を策定し、20の街区分けした津波想定浸水域のうち、15街区に津波避難タワーを建設することとしました。
平成25年9月には、道路法に基づいた「兼用工作物」として、平時は歩道橋として利用できる・・・全国初の道路上の津波避難タワー・・・が完成したところです。
 国の「都市防災総合推進事業」を活用して最優先に整備を進めてきた結果、平成26年3月を以て15基すべての津波避難タワーが完成しました。
                                「吉田町津波避難タワー(命を守る対策)完成式典 次第より抜粋」
津波避難タアワー
     地域内に三基竣工

NEW

航空写真
地域の南側より北に向かって撮影 H25年9月


地域の西側より東に向かって撮影 H25年9月



3月28日 榛南幹線開通 (区画整理区域内1,000m)   

第7回総会 理事長挨拶(3月23日)

         第7回 総会 理事長挨拶

                                              平成26323

                                                      理事長 松浦伸博

 皆様、改めましてこんにちは。

本日は、日曜日のところ総会にご出席頂きましてありがとうございます。着席します。

21日が春分の日でしたが、24節季での春分は321日より44日までの15日間を言います。昼間の時間が長くなり、南方から燕がやってきます。雀の子も生まれ、桜が開花します。早春の不安定な空に轟く雷は春の深まりをつげます。今まさに躍動の時です。浜田区画整理も躍動の時と言っては過言でしょうか、ともかく組合員一体となって行動しなければならない時に入りました。

これから、役員及び総代の任期満了に伴い改選についてと、定款の一部変更、その他のご承認をいただく為の議事に入らせて頂くのですが、その前に理事長挨拶ということで、最近の当組合の状況、事情等を踏まえて、報告、連絡、相談ということで、御話させていただきます。

下記の文字をクリックするとリンクします。
1.  契約内容の検討を慎重に
2.  仮換地の売買について、
3.  清算金について、
4.  今後の具体的な事業の流れ。
5.  換地計画とはどのようなものか。
6.換地とは、どういうことかと言いますと。
7.土地区画整理法における宅地とは、
8.区画道路とは、
9.組合の設立に同意しない者でも組合員です。
10.事業の施行中に建築行為が行われると、
11.榛南幹線の区画整理地区内の開通が328の予定
12.地下公示価格について

       1.  契約内容の検討を慎重に

地権者の皆様が個々に土地の売買契約若しくは賃貸借契約をなさる場合契約内容の検討には十分時間をかけて、慎重に内容を吟味すべきだと思います。(公租公課及び諸費用の負担)、(農地転用の許可申請)(清算金)にかかる費用は、借主が負担するのか、貸主が負担するのか熟読する必要があります。その他その土地に予想される費用について、把握しておくことも必要です。

2.  仮換地の売買について、

仮換地の売買は、従前地の地積、地番等により契約することになります。従って、従前地の売買登記を行いますと、施行者(組合)は換地処分にあたって新しい所有者名で換地計画を作成しますので清算金の徴収・交付の権利義務も新しい所有者に属することになります。清算金に関する権利義務について、売主に帰属する旨の特約を売買契約につける場合には、施行者(組合)に届け出てその承認をうけておく必要があります。承認がない場合は、当事者間の契約は有効ですが、施行者は換地計画の名義人に対して債権、債務を持つことになります。

      3.  清算金について、

清算金は換地相互間の不均衡を是正するために算定されるもので、多くの場合、交付金総額と徴収金総額とが等しくなるように定められます。このようにして算定された清算金の額は換地計画の中に盛り込まれます。

 清算金が確定するのは換地処分の広告があった日の翌日「法1048項」ですから、換地処分の広告の日の地権者を対象として清算金の徴収、交付を行います。従って、換地処分の公告の日の翌日以降に所有権、借地権の移動があった場合であっても、権利の異動に伴う特別な契約がない限り、移動前の地権者に権利義務があります。

*権利を移動する際はアンダーラインの部分に特に注意してください。)

清算金については、まだ先のことでこれから折に触れて御話させていただきます。

 4.  今後の具体的な事業の流れ。

  平成23218日に仮換地は100%指定されましたので

@  幹線道路、区画道路、水路等の工事を進めると共に保留地の販売を行います。

A  換地計画案の作成

換地図、各筆換地明細等を作成して、縦覧します。

B  換地計画の認可

知事の認可を要します。

C  換地処分・換地処分の公告

換地計画の内容を関係権利者に通知(換地書処分)し、その後広告します。また、公共施設の管理の引き継ぎを行います。(幹線道路、公園等)

D  土地・建物の登記

土地・建物の変動に伴う登記を施行者(組合)がまとめて行います。

E  清算金の徴収・交付を行います。

換地計画に定められた清算金について徴収・交付を行います。

F  組合解散の認可

知事の認可を要します。

      5.  換地計画とはどのようなものか。

換地処分の基礎となる@〜Cの事項を定めることです。

@  換地設計(従前の土地と換地の位置、形状の関係を示した図面)

A  各筆換地明細(従前の土地と換地の所在、地番地積等の関係明細書)

B  各筆各権利別清算金明細(従前の土地と換地の所在、地番、地目、地積、権利価格及び清算金を各筆、各権利別に表示した明細書)

C  保留地その他特別の定めをする土地の明細。

6.換地とは、どういうことかと言いますと。

換地計画において、従前の宅地に換わるものとして定められた宅地を換地といいます。

換地は「換地処分」という処分で土地区画整理事業の施行地区おいて原則として一斉に行われます。また、換地には、事業施行前の個々の土地についての所有権、借地権、永小作権などの権利がそのまま移っていきます。

7.土地区画整理法における宅地とは、 

「国または地方公共団体が所有し、公共施設の用に供されている土地」以外は全て宅地として扱います。

宅地建物取引業法の「宅地」の定義とは異なります。

8.区画道路とは、

もっぱら宅地へのサービスを目的とした道路のことをいいます。区画道路の幅員は、住宅地においては、6m以上、商業、工業地においては8m以上(特別の事情によりやむおえない場合においては住宅地にあっては4m以上、商業・工業地にあっては6m以上)と定められています。

9.組合の設立に同意しない者でも組合員です。

「法25条」組合が施行する土地区画整理事業に係る施行地区内の宅地について所有権又は借地権を有する者は、すべてその組合の組合員とする。

よって、事業施行の減歩等の組合員としての義務を負うことになります。

10.事業の施行中に建築行為が行われると、

不要移転が発生したり、移転補償費が増嵩するなど、事業の施行を阻害することがありますので、建物を建てる場合など下記@からBの行為をしようとする場合は、あらかじめ都道府県知事の許可をうけなければいけないことになっています。「法76条」

D  事業の施行の障害となる恐れがある土地の形質の変更。

E  建築物その他の工作物の新築、改築、増築。

F  その重量が5トンをこえる移動の容易でない物件の設置若しくはたい積。

11.榛南幹線の区画整理地区内の開通が328の予定で あります。信号についてとか横断歩道の位置、白線の書き方、交通表示等々 交通規制にかかわることがらについては、警察(公安当局)の指示および許可において設置されますので組合の要望は取り入れられません。

12.今朝急に思いついたので付け加えます。319日の静岡新聞に地下公示価格がのりました。川尻字浜川原3043-9ここは浜丁会館と五間道のあいだの原田さんの地所が公示の標準地となっています。住吉字京田1386-6150号線沿いの消防署の東隣のイトウシャディ鰍ェ標準地になっております。ここで坪当たり約165,000円です。よって、浜田の幹線道路沿いは、区画整理で整備されますので、坪当たり170,000円以上の価格設定をするのは、頓珍漢な話ではないと思います。

 

以上12の事柄を報告させて頂くと共に皆様方にお願いがあります。

組合の目的は何でしょうか。早期に解散することです。つまり、区画整理をやり遂げることです。脳力は使わなければ無いと同じではないでしょうか。組合員の中に沢山の脳力があると思います。区画整理をやり遂げる為に具体的対策の提案をしあって、区画整理をやりとげましょう。成功は成功を確信する人のもとに訪れるでしょう。少しでも失敗を意識すれば失敗するでしょう。皆様さらなるご支援をお願いいたします。お願いをもって私の挨拶とさせて頂きます。

 

ご清聴を感謝いたします。

25年度会計予算

                     平成26年度吉田町浜田土地区画整理組合会計予算  
                             (平成26年4月1日〜平成27年3月31日)
                             収入予算額  金  432,112,000円
                             支出予算額  金  432,112,000円
                              収支差引額  金          0円                                                                                                                            

                                                                            

                                                                                          収入の部                                                                      単位千円  
 款  項  予算総額 
(事業計画額)
 執行済額
(H24年度末)
 前年度予算額 (A) 本年度予算額(B)  比較(B)-(A) 摘       要 
 1.補助金     2,290,000  1,360,580     421,560      221,200  △200,360 本年度221,200千円
1。国庫補助金   2,290,000  1,360,580     421,560      221,200  △200,360 国55%・県/町22.5% 
2.公共施設管理者負担金      0  0  0 0   
1.公共管理者負担金   0  0  0  
3.町助成金    676,000  255,246  67,307  44,100  △23,207  工事助成金31,400千円 
利子補給12,700千円
(昨年度分)  
1町 助 成 金  676,000  255,246  67,307  44,100  △23,207 
4.保留地処分金    1,407,000  8,791  8,791   
1. 保 留 地 処 分 金 1,407,000  8,791  8,791   
5.借 入 金      742,338  560,000  60,500  158,000  97,500   
1. 市 中 金 融 機 関  742,338  560,000  60,500  158,000  97,500   
2.     そ の 他  198,000   
6. 寄 付 金      
1 .    寄  付  金   
7. 雑 収 入     2,000  2,205  712  11  △701   
1.   預 金 利 子  80  105   
2.     そ の 他   1,920 2,100  711  10  △701   
8.繰 越 金     0 10  10   
1   .前年度繰越金   0 10  10   
 借 入 .金  合計     742,338  560,000  60,500  158,000  97,500   
 補 助 金 他 4,375,000  1,618,031  489,589  274,112  △215,477     
総 合 計  5,117,338  2,178,031 550,089 432,112 △117,977   

          2.支出の部

款     項      予算総額  
(事業計画額)
 執行済額  
(H24年度末)
 前年度予算額
    (A)
 本年度予算額
   (B)
 比  較  
(B)-(A)
  摘   要    
1. 会  議  費        4,000  733  262  262 
1.総会費  1,500  235  22   22
 2.役員会費 1,000  0  
 3.総代会費 1,000  498  240   240  
 4.諸会議費  500  0  
2. 工  事   費        2,234,859  940,518  361,255  146,600  △214,655   
1.都市計画道路築造費  835,758  562,388  206,595  44,400  △162,195   
2.区 画 道 路 築 造 費   753,774  209,709 80,335  81,200  865   
3.特 殊 道 路 築 造 費  21,556   
4.  水 路 築 造 費  336,142  126,247  45,325  △45,325   
5.  公 園 施 設 費  9,603   
6.  整 地 工 事 費  215,588  25,173  28,000  20,000  △8,000   
7.  付 帯 工 事 費  5,000  294   
8.   工  事  雑  費  57,438  16,707  1,000  1,000   
款  項        予算総額 
(事業計画額)
 執行済額
(H24年度末)
 前年度予算額
    (A)
 本年度予算額
   (B)
 比  較
(B)-(A)
摘      要
3.  補  償  費         1,103,318  378,713  108,975  94,200  △14,775   
1.  建 物 移 転 費  363,120  205,535  29,639  24,000  △5,639   
2.   そ の 他 移 転 費  556,035  155,027  65,936  67,200  1,264   
3.  電 柱 移 転 費  66,163  12,534  5,000  3,000  △2,000   
4.  損 失 補 償 費  47,000  2,536   
5. 上 水 道 移 転 費  71,000  3,081  8,400  △8,400   
4.  調 査 設 計 費    612,823  458,483  17,900  18,800  900   
1  測   量   費   168,823 66,277  3,200  1,300  △1,900   
2. 事 業 管 理 費  195,000  158,880  5,000  12,000  7,000   
3. 工 事 設 計 費  110,000  142,573  9,700  5,500  △4,200   
4. 換 地 設 計 費  83,000  90,753   
5. 換 地 計 画 費  23,000   
6. 換 地 処 分 費  33,000   
5.  事  務  所  費    213,000  164,408  17,947  18,214  267   
1. 報         酬  12,120  4,057  1,290  1,650  360   
2. 給         料  103,500  93,516  9,210  9,700  490   
3. 諸    手     当  15,500  12,594  1,930  1,410  △520   
4. 旅         費  5,000  2,663  320  300  △20.   
5.  需    要    費  15,500  11,378  1,767  1,814  47   
6 .役    務    費   3,750 2,485  460  460   
 7.  使用料及び借上料 5,600  5,573  570  570   
 8.  備 品 購 入 費  8,800  5,629  200 △200   
 9.  建 物 建 設 費 12,000  8,495   
10.  雑        費  2,280  111  10  10   
11. 共    済    費   15,500  14,920  1,860 1,950  90   
12. 賃         金  9,450  0  
13.  退  職  年  金  4,000  2,987  320  340  20   
14.  報   奨   金  10  10   
6. 借 入 金 償 還 金      803,338.  447,281  12,700  122,236  109,536   
1. 金融機関借入償還  742,338  408,950  100,000  100,000   
2. 借 入 金 利 子  61,000  38,331  12,700  22,236  9,536   
 7.    負  担  金    134,000  29,050  30,000  950   
1.  上 水 道 負 担 金  134,000  29,050  30,000  950   
8.  雑  支  出       11,000  9,802  1,500  1,300  △200   
1. 納    付   金  10,000  9,802  1,500  1,300  △200   
2.  処   分   金  500   
2. 雑        出  500   
9. 予   備   費     1,000  500  500   
1.  予   備   費  1,000  500  500   
金融機関借入金償還  合        計    742,338  408,950  100,000  100,000   
総   合   計  4,375,000  1,990,988  550,089  432,112  △117,977   

      予算執行においては、款の中で項の流用はできるものとする。


  



工事についてのお知らせ

 

・工事にご協力を

 地区内では整地や道路等の工事を行っております。

 通行される方にご不便をかけておりますが、ご理解とご協力をお願いします。

 

・土地への立ち入りについて

 皆様の所有する土地に職員又は委託業者が立ち入ることがありますが、ご理解と ご協力をお願いします。

 

・所有権に移動があった場合は、届け出てください。

 区域内の土地について、売買、相続などにより所有権に移動があった場合は、

 

 

・区画整理地区内において、下記の@〜Bの施工をする場合は県知事

 の許可が必要です。

 1.土地の形質の変更

 2.建築物その他工作物の新築、改築、又は増築。

 3.移動の容易でない物の設置、重量が5tを超える物の堆積

 

・地権者が住所を変更した場合は土地区画整理組合へ連絡下さい。

 

・宅地の共有者は代表者の選任届を土地区画整理事務所へ提出して下さい。

 

・仮換地証明等の権利者以外の方の申請について

 権利者の方の委任状が必要となります。

 

田んぼの表土を剥がして、山にしてありますので、御入用の方は、組合事務所まで

 ご連絡ください。

20**年*月*日